アイベリーいちご

果物にとって、いかにネーミングが大事なのかは、このイチゴが証明しています。愛べりー、いかにもおいしそうで、高そうな名前に聞こえてしまいます。数あるイチゴの中でも、もっとも大きなものでしょう。

生産地は、佐賀、千葉、静岡、栃木などがありますが、栽培が難しくアイベリーの価値である素晴らしい形に育つものがなかなか育ちにくいようです。

また、12月初旬から出荷が始まり、年内は糖度、食味など優れているのですが、気候からか年明けでは、どうしても食味が落ちてしまう傾向にあります。

昭和58年に愛知県の苗会社から発表され、一躍全国に広がりましたが、その栽培の難しさから年々生産量は減る一方です。

このイチゴは、両親が明らかにされていないのですが、アイベリーを親として、さちのかなどが生まれ、その特徴である大きな実を引き継いでいます。両親不明のイチゴは、確実にその子孫を増やしていくことでしょう。