アンコール

そのネーミングは、一度食べるともう一度食べたくなるほど美味しい、ということから付けられました。

アンコールは、キングと地中海マンダリンの交配種としてカリフォルニア州にて誕生しました。

九州全域で生産されています。出荷は2月中旬から4月上旬、柑橘としてはかなりの晩生の部類です。

タネが多いのがたまにきずですが、食味は濃厚で、甘く上品な香りが心地よく、上品な味わいがします。

栽培の特徴として、収穫前に特製の靴下のような黒いカバーを1つ1つの実にかけていきます。こうして太陽の光を遮断しないと、色づかないというのがとても不思議です。