豊水

幸水とならんで、赤梨の代表選手は8月下旬から9月に登場するこの豊水です。菊水に八雲をかけた品種に、さらに八雲を掛け合わせ誕生しました。実は、大きいものでは500グラム前後もあり、総じて大柄です。水分が豊富で、手に持つとずっしりとくる重みがあります。糖度も非常に高く、甘いものでは14度以上のものも少なくありません。

知名度は幸水の方が上かもしれませんが、食味など日本有数の梨といえます。生産は関東を中心に東北から九州まで、ほぼ日本全国で栽培されています。病気などに強いため、そのほとんどが無袋にて栽培されています。夏の終わりに暑さで疲れた体には、豊水特有の水分・甘みが最適です。お風呂上りに、軽く冷やしてお召し上がりください。