清見オレンジ(タンゴール)

温州みかんの代表品種である「宮川早生」と「トロピタオレンジ」を交配して誕生しました(タンゴールは、みかんとオレンジの交配種の総称)。

九州各県と愛媛、和歌山県などで生産されています。温州みかんより一回り大きく、とても果汁が多くジューシー。オレンジのジューシーさと、みかん独特の甘酸っぱさの特徴がうまくでています。

収穫は2月上旬の加温ハウスから始まり、無加温ハウス、露地栽培と移っていき5月下旬まで順次出荷されます。柑橘独特の酸が強い時は、しばらく寝かせて、酸が抜けるのを待ってから出荷されます。

清見のネーミングの由来は、誕生した静岡県興津試験場の近くの清見潟から名づけられました。

清見は、最近すっかり冬の柑橘の主役になったデコポン(不知火)のお母さんでもあり、ひょっとすると娘にその地位を脅かされる日もそう遠くないかもしれません。