新高

昭和2年に新潟県の在来種である天の川に、高知県の在来種である今村秋を交配して誕生しました。両県の頭文字から「新高」と名づけられました。

産地は、九州から東北までほぼ全国に広がりますが、やはり暖かい地方が適しているようで糖度も比較的高いです。

収穫は9月下旬から10月下旬で、豊水の次に出回ります。

実は600g~1kg以上のものもあり、非常に大きいです。

糖度は12~13度前後、食味はやや柔らかく良好。ジューシーですが、酸味、香は少ないです。

誕生してから、大分年月が経っていますが、比較的栽培しやすいことや、収穫時期、品種として優れていることなどから、まだまだ健在です。