黄金桃

果物でも、そのネーミングというのは非常に大事です。黄桃というより黄金桃と名づけた瞬間に、豪華なイメージが出来上がってしまうから、不思議です。名付け親は本当に天才だと思います。

以前は、黄色い桃といえば=缶詰のイメージが強かったですがそれは、日本ではすばらしい白い桃が主流だったため。日本でもおいしい黄桃が岡山で誕生しました。

収穫時期は8月下旬から9月中旬、桃の中でも最も晩生の品種の1つです。 実はとても大きく、糖度は15度以上あるものもありますが、酸味は少ない。収穫したては、ゴリゴリっとした歯ごたえがありますが完熟してくると、とても濃厚な味わいになります。

主産地は岡山ですが、福島、山梨でも生産されています。山梨ではやはり黄色い桃で黄美娘(きみこ)、福島ではゴールデンピーチという、これまた素敵なネーミングの桃が生産されています。