ロザリオビアンコ

粒は大変大きく、12~15g前後になります。「ロザキ」と「マスカットオブアレキサンドリア」の交配品種です。外見はアレキサンドアに非常に似ています。高いものでは20度を越えていて、非常に甘いです。ただ、極端に酸味および香りがなく、アレキサンドリアに比べると物足りなく感じます。

ロザリオは、「バラの王冠」ビアンコは「白」を意味します。岡山などでも栽培されますが山梨が中心、9月から10月下旬頃まで出回ります。

アレキサンドリアに比べて安価なこともあり、皮が比較的薄く皮ごと食べられる手軽さも手伝って、今後も発展が見込まれます。

ちなみにロザリオロッソは、ロザリオビアンコとルビークヤマの交配種です。(ロッソは赤を意味します)