夕張メロン

今やすっかり北海道を代表する初夏の味覚として、定着したのがこの夕張メロンです。元は炭鉱で有名な土地ですが、昭和35年にスパイシーキャンタロープとマスクメロンの交配によって夕張キングメロン(正式品種名)が誕生しました。真っ赤な果肉と芳醇な香りで瞬く間に好評を博し、一大ブランドに成長しました。

赤肉メロンといえば、夕張メロンになってしまったため、しばしば偽者の夕張メロンが登場して世間を騒がせています。夕張メロンの選果はそのブランドを守るためにも厳しく、まさに真剣そのもの行われます。特徴である赤色はカロチンの色、カロチンは体内でビタミンAに変化します。唯一の欠点としては熟すのがとても早いため、東京での店頭販売にはあまり適さず、夕張市農協から飛行機での直送が主流になっています。