キウイフルーツ

茶色く、綺麗とは言えない外観からは、とても想像できない美しい緑色に輝く果肉、そのアンバランスに驚きます。ニュージーランドの国鳥である「キウイ」に、その名は由来しています。原産国は、中国揚子江沿岸で、またの名を「チャイニーズグーズベリー」とも呼ばれています。

11月~4月の寒い時期は、香川、愛媛などを中心とした国産が出回り、5月~10月の暖かい時期は、そのほとんどをニュージーランドからの輸入にたよっています。

現在出回っているキウイの多くは、「ヘイワード」という品種で、これはニュージーランドのヘイワードさんに由来しています。最近では、中身が金色のゴールデンキウイも多く輸入されており、これからますます消費量は増えていくと思われます。

キウイは、ビタミンが豊富で特にビタミンCはレモンの12倍とも言われています、まさにビタミンの宝庫といえるでしょう。表面を軽く押して、弾力性があれば食べ頃です。スプーンで半分に割ってスプーンですくってお召し上がりください。