さちのかいちご

とよのかの後継品種として、福岡県久留米の農業試験場にて、とよのかにアイベリーを掛け合わせて誕生し、平成8年に「さちのか」として登録されました。

特徴として、果実が非常に大きく、表面がしっかりとしており、歯ごたえ食味が大いに楽しめます。また日持ちがよく、糖度もシーズン後半でも比較的高く、酸味は少ない、ビタミンなどの成分も豊富です。

難点としては、アイベリーの血を引いているせいか、色がややドス黒い点が挙げられますが、未来有望な品種の1つです。

栽培地域は佐賀・福岡を中心として広まってきています。